LINE OF FIRE

Line of Fire (LoF) はトループにターゲット(他のモデルやマーカーなど)が見えるかどうかをプレーヤーが決めるための基準である。インフィニティでは、LoF が描けることが BS Attack やそのほか多くのコモンスキル、スペシャルスキル (Discover, Dodge…) の実行するために必要になる。

Line of Fire (LoF) はモデルまたはマーカーの大きさのいずれかのポイントから、もう一方の大きさのいずれかのポイントを結んだ想像上の直線である。

インフィニティでは、トループは 180° の円弧で LoF をもつ、つまり、彼らはベースの前面半分を見る事ができる。プレーヤーはトルーパーのベースにこの円弧をマークし分かりやすくした方が良い。

トループが LoF を描くためには、これらの条件を満たさなければばらない。

・ターゲットはトループの前面 180° 内にいなければならない。
・トループからターゲットの頭、または最低でもおおよそ 3×3 mm (Silhouette Templatesの黒い四角の大きさ)のサイズの大きさの部分が見える。
・トループの大きさのいずれかのポイントから、ターゲットの大きさのいずれかのポイントまで LoF を描くことができる。
・LoFはフィギュア ー味方であってもなくてもー、情景物でさえぎる事ができる。特定の目的のために明記がされていない限り、マーカーは LoF をさえぎらない。

同様に、移動(Move、Climb、Jump、Engage、AROによるDodge )を宣言しているトルーパーは、移動途中の経路上で LoF を妨げない。

LOF: GAME AIDS

ミニチュアのポーズや不規則な情景物は LoF を決める事を難しくする。このような場合、プレーヤー間で合意すること。何が LoF を妨げるか見るため、トループの間にメジャーをまっすぐな状態でとめることでミニチュアの視点からターゲットが見えるか確認しやすくなる。

LOF AND SILHOUETTE TEMPLATES

インフィニティのミニチュアには、ときおり LoF があるかどうかに決めるのが難しいダイナミックなポーズをとっているものがある。LoFの判断を素早くするため、インフィニティでは実際のゲーム中のフィギュアの大きさを決定する Silhouette Template を提供している。

LOF OF MOVING FIGURES

移動を宣言したトループはそのOrder 全体で360º の方向にLoF を描ける。

LOF OF FIGURES IN CC

CC に入っているフィギュアは、ともにベースコンタクトしているものに対して360º の方向に LoF を描ける。
CC に入っているフィギュアは、ベースコンタクトしていないモデル、マーカーやその他の要素へ LoF を描けない。

LOF AND FRIENDLY FIGURES

味方のフィギュアもまた視線をさえぎり、LoF の妨げになるのを覚えておくこと。また、モデルまたはマーカーに関わらず、味方または中立のユニットに攻撃できない。

MUTUAL AWARENESS

インフィニティにおいて、Line of Fire は ”自分が見えるならば、相手も見える” という目安で相互関係を決める。これは、いずれかのトルーパーがターゲットへ LoF を描けるとき、ターゲットもまたアタッカーに LoF を描けることを意味する。(もちろん、そのアタッカーがターゲットの前面180° 内にいなければならない)



  • 最終更新:2015-05-06 22:48:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード