FACE TO FACE ROLL

2人以上のトループがお互いの進行を妨害するために同時に行動する時、どちらがより早く、より効果的に行動したか決定するためにFace to Face Rollを使用する。

そうするため、両プレーヤーは直接対決に関するトループのロールを行い、Normal ロールと同様にそれぞれ関連する能力値の結果と比較する。失敗は単純に取り除くが、Normal ロールとは異なり、お互いの成功をもう一方の成功と比較する。

比較する時、成功はダイスの結果が少ない敵の成功をキャンセルする ― たとえ敵の成功がより高くても順番にそれらをキャンセルにする。

可能性のある結果は以下のとおり。

お互い失敗 1つも目的が達成されない。
一方が失敗、もう一方は成功 成功したトルーパーは Face to Face ロールに勝利して目的を達成する。
お互い成功 より高い目で成功したトルーパーが敵の成功をキャンセルし、Face to Face ロールに勝利して目的を達成する。
お互い成功だが、一方はCriticalで成功 たとえCriticalのロールが敵の成功より少ない出目であっても、Critical を得たトルーパーがFace to Face ロールに勝利して目的を達成する。
お互いCritical で成功 それぞれの Critical がお互いをキャンセルし効果は適用されない。Critical していない成功は取り除かれる。
一方がCritical をロールし、
もう一方が2つ以上のCritical をロールした
前述のケースと同様にすべての Critical がキャンセルし効果は適用されない。

BREAKING TIES

Face to Face ロールは同点の結果になりえる。同点の結果(Criticalであってもそうでなくても)、それぞれのロールがお互いをキャンセルして効果は適用されないが Order は消費される。

IMPORTANT!

Face to Face ロールで解決される行動は、お互いの兵士がそれぞれ直接影響を与え合うものでなければならない。もし、どちらの行動も他の結果に影響を与えない場合は、代わりの Normal ロールを行う。

Face to Face Roll: Dodge and Reset

Face to Face ロールによってコモンスキルのDodge や Resetの成功は、Dodge や Reset を実行したトループの能力にのみ影響を与え、それらの行動を実行したアタッカーの能力には影響を与えない。例えば、数名のターゲットへの攻撃を回避した場合、回避したトループに対する攻撃がキャンセルされただけであり、残りのターゲットに対する攻撃はキャンセルされない。

NOTE

Face to Face ロールでは勝者が敗者の行動を妨げるが、通常これは敗者が射撃をミスしたことを意味する。このシナリオにより(Panzerfaust、Mines、E/Maulers…のような)Disposable や limited の武器や装備品は試みた際に使用されている。


  • 最終更新:2015-05-06 23:03:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード